建築 一級建築士試験

【建築計画】学校教育施設 ~屋内運動場について~

屋内運動場(体育館)などについてまとめます。

配置

東側および西側からの太陽光線を壁で遮り、自然採光と夏期の通風換気を考慮して、長軸を東西方向にとることが望ましい。

採光窓は南・北側の床から2.5m以上、換気窓は床から0.5m程度低い位置が望ましい。

ちなみに、

屋外競技場は太陽が低い朝夕の太陽光線によるまぶしさを避けるために、一般には長軸を南北方向にとる。

屋外野球場は、本塁、投手板、二塁に向かう線を、東北東の方位に計画することが望ましい。

講堂との兼用

体育館と講堂を兼用する場合、運動場としての使用を優先。

床材は、桜、檜などを用い、二重床として防振材、緩衝材で浮き構造にすることが望ましい

照明計画

照度は50~150lx程度

背景の明るさは競技面の半分以下とし、まぶしさのない均等な照度とする。

照明器具はプロテクターで防護する。

スポンサーリンク
>

おすすめ記事一覧

1

屋内運動場(体育館)などについてまとめます。 配置 東側および西側からの太陽光線を壁で遮り、自然採光と夏期の通風換気を考慮して、長軸を東西方向にとることが望ましい。 採光窓は南・北側の床から2.5m以 ...

2

桜と紅葉?どういうこと?と、思いましたか? 実は、秋に咲く桜があるんです。 秋の桜です。秋桜。。。コスモスではありませんよ。 調べると、各地にあるんですが、 広島県福山市にある神勝寺という所にもどうや ...

-建築, 一級建築士試験