建築

隈研吾氏のルーツでもある、国立代々木競技場

東京都の有名建築、国立代々木競技場について紹介します。

国立代々木競技場

Rs1421 - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10543807による
Rs1421 - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=22903907による

  国立代々木競技場(こくりつよよぎきょうぎじょう)は、東京都渋谷区にあるスポーツ施設である。第一体育館第二体育館の他、インドアプールなどからなる。通称として「代々木○○(第一・第二)体育館」も用いられる。

引用:Wikipediaより

建築情報

  • 正式名称:国立代々木屋内総合競技場
  • 所在地:東京都渋谷区神南二丁目1-1
  • 主要用途:体育施設
  • 設計者:丹下健三
  • 構造形式:鉄筋コンクリート構造(一部鉄骨鉄筋コンクリート構造)

見どころ

1964年の東京オリンピックの開催に備えて建設され、サブ会場として使用されました。

建築的な特徴としては、第一体育館・第二体育館共に、吊り構造が用いられています。また、観客が競技に集中できるように、内部に柱がない、珍しい構造になっています。

さらに、油圧ダンパーで屋根の振動を抑える制震構造が採用されていますが、制震目的で油圧ダンパーを採用した建物は日本初でした。

外観は、第一体育館は緩やかな曲線のシルエットが特徴的で、上から見ると、半円を少しずらして向かい合わせたような形になっています。

第二体育館は、円錐形となっており、貝殻や、カタツムリを想像させます。

ちなみに、2021年に開催された東京オリンピック2020の会場となった、新国立競技場を設計した、隈研吾氏は、この国立代々木競技場を少年時代に見て、建築家になることを決意したそうです。

この国立代々木競技場は、丹下健三氏の代表的作品として名高い物となっています。

その評判は国内外問わず、非常に高いものとなっています。

まとめ

  • 丹下健三氏の代表的作品
  • 建物の特徴は、吊り構造。第一体育館は、緩やかな曲線、第二体育館は、円錐形。
  • 油圧ダンパーを制震目的に採用した、日本初の建物



スポンサーリンク
>

おすすめ記事一覧

1

屋内運動場(体育館)などについてまとめます。 配置 東側および西側からの太陽光線を壁で遮り、自然採光と夏期の通風換気を考慮して、長軸を東西方向にとることが望ましい。 採光窓は南・北側の床から2.5m以 ...

2

桜と紅葉?どういうこと?と、思いましたか? 実は、秋に咲く桜があるんです。 秋の桜です。秋桜。。。コスモスではありませんよ。 調べると、各地にあるんですが、 広島県福山市にある神勝寺という所にもどうや ...

-建築